FET(Fetch.ai)とは?特徴や今後の見通し・買い方を徹底解説

FET
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

導入文をお書きFetch.ai (FET)は、AI (人工知能)が自動でデータを収集・分析し、ユーザーに最適なサービスを提供するプラットフォームです。

Fetch.aiは、AIにより世界中に散らばっている情報を「自律的に」管理することを目指しています。

そしてFetch.aiが発行するガバナンストークンが仮想通貨FETです。

この記事のまとめ
  • Fetch.aiは、AI(人工知能)が自動でデータを収集・分析し、ユーザーに最適なサービスを提供するプラットフォーム
  • FETはFetch.aiのガバナンストークン
  • AI市場の盛り上りあがりでFETの価値も高まっていく可能性がある
  • Fetch.aiは技術的に他プロジェクトと差別化されている
  • 元手通貨の取引にはBITPointが便利

FETの取引には、まず国内の取引所で海外送金する元手通貨を取引する必要があります。

取引に利用する国内取引所には、BITPointnが便利です。

国内最大級の仮想通貨取引所で、すべての取り扱い銘柄に対して少額から投資できます

詳しく知りたい方は、BITPointの公式サイトを確認して下さい。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

目次

FETとは?

まずはFETの基本情報について調べていきましょう。

Fetch.ai
名称Fetch.ai
シンボルFET
現在の価格(2023年現在)¥30.63
時価総額(2023年現在)¥24,885,390,149
時価総額ランキング(2023年現在)141位
購入できる取引所・Binance
・Coinbase Exchange
・KuCoin
詳細公式サイト

Fetch.aiは、AI(人工知能)が自動でデータを収集・分析し、ユーザーに最適なサービスを提供するプラットフォームです。

Fetch.aiは、2019年2月に「Binance Launchpad」で資金調達を行い、上場しました。

仮想通貨FETの今後の発展性は、AI市場の動向とプロジェクトの進行状況に大きな影響を受けます。

AI市場の動向については、今後拡大すると予想されており、Fetch.aiプロジェクトの期待が高まっています。

近年では絵を描いたり文章を作成したりするAIも登場し、一部では利用も進んでいるため、ますます注目度が高まるはずです。

Fetch.aiの注目度が上がれば、ガバナンストークンであるFETの注目度も上がっていくことが予想されます。

FETを取引するための元手通貨を取引する際は、スマホの取引アプリが使いやすいBITPointが便利です。

具体的にアプリなど詳しく知りたい方は、BITPointの公式サイトを確認してください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

FETの特徴

仮想通貨FETの特徴をいくつか代表的なものを抜粋してご紹介します。

FETの特徴
  • 自立型エージェント(AEA)を提供している
  • オープン経済フレームワークの仕組みが導入されている
  • 分散型台帳Fetch Smart Ledgerが採用されている

自立型エージェント(AEA)を提供している

自立型エージェント(AEA)とは、世の中のデータをつなぎ自身で学習を繰り返すAIです。

AI自身が環境に関する情報を感知し、意思決定して行動します。

例えばAEAを利用することで、取得した交通データから状況を分析し、交通問題に対する最適な解決策を導き出すことが可能です。

オープン経済フレームワークの仕組みが導入されている

オープン経済フレームワークとは、AEAが効率よくデータを抽出するための仕組みです。

オープン経済フレームワークによって「地理的な位置」と「経済的な位置」にデータが分類されます。

それによって、AEAがより効率的にデータを収集、分析、提供することが可能です。

分散型台帳Fetch Smart Ledgerが採用されている

分散型台帳Fetch Smart Ledgerでは、複数のブロックチェーンを同時に並立処理できるため、処理の負荷を分散させ、より多くの取引を承認することが可能です。

また、コンセンサスアルゴリズムはUseful Proof of Work(UPoW)を採用しています。

PoWでは競争に負けると報酬はありませんが、UPoWでは小さな計算・承認処理でも報酬を得られる仕組みです。

そのため、個人のマイナーでも報酬を得やすくなっています。

昨今人気を集めるAIに関するプロジェクトのガバナンストークンであるFET、取引に興味のある方は国外取引所での取引を検討してください

そのためにはまず、国内取引所にて通貨を取引後海外取引所へ送金が必要です。

その際利用する取引所は、初心者から上級者まで広く使いやすい取引所、BITPointでの取引を検討してください。

詳しい情報は、BITPointの公式サイトで確認してください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

FETの現在の価格動向

FETの現在の価格動向について、調べていきましょう。

FETの現在の価格動向

現在FETは横ばいの価格帯に入っており、金融市場の不安定さもあって大きなお金が流入していない状況です。

仮想通貨FETの価格は、AI市場の動向やプロジェクトの進行状況に影響を受ける可能性が高いです。

そしてAI市場は今後拡大すると予想されており、Fetch.aiプロジェクトの期待が高まっています。

本格的に上昇が始まる前に持っておきたいと思う方は、少額から取引できるのが魅力の取引所BITPointでの元手通貨の取引を検討してください。

具体的に取引できる通貨に知りたい方は、BITPointの公式サイトを確認してください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

FETのこれまでの価格動向

FETのこれからの価格動向を考えるために、FETのこれまでの価格動向について調べておきましょう。

FETのこれまでの価格動向
  • 2021年11月ごろの高値圏
  • 2022年6月から続く底値圏

2021年11月ごろの高値圏

2021年秋頃、FETは高値圏にいると言えます。

この時期は、市場全体がリスクオンの状態で、価格が上がりやすい状態が続いていました。

誰しもこぞって投資していた時期でしたが、この高値圏にいる状況は、市場の変化やチャンスに敏感である必要がありました。

2022年6月から続く底値圏

その後インフレの高まりなどが続き、FETの価格も下落基調となります。

市場のセンチメントも冷え込み、価格はかつての10分の1程度まで落ち込みます。

とはいえこれ以上落ちない、という見方もできますから、ここから上がっていくという予想をされる方はBITPointでFETを取引するための元手通貨の取引を検討してください。

詳しく知りたい方はBITPointの公式サイトを確認してください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

FETの今後の見通し・予想

FETの注目度は今後高まってくるのか?

今後の見通しについても調べてみましょう。

FETの今後の見通し・予想
  • AI市場の拡大と同時に注目度が上がる
  • 技術的に他のプロジェクトと差別化されている
  • 他プロジェクトとのコラボが予定されている

AI市場の拡大と同時に注目度が上がる

AI市場の拡大に伴って、Fetch.aiプロジェクトの需要や注目度が高まる可能性があります。

Fetch.aiは、AIが自動でデータを収集・分析し、ユーザーに最適なサービスを提供するプラットフォームであり、近年では絵を描いたり文章を作成したりするAIも登場しています。

プロジェクトの注目度が上がると同時に、仮想通貨FETの注目度も上がっていく可能性があります。

技術的に他のプロジェクトと差別化されている

Fetch.aiプロジェクトは、自立型エージェント(AEA)、オープン経済フレームワーク、分散型台帳Fetch Smart Ledgerなどの独自の技術を持っており、他のプロジェクトと差別化されています。

これらの技術は、データの収集・分析・提供を効率化し、手作業が必要な仕事の自動化や問題解決に貢献すると期待されています。

差別化されたプロジェクトのトークンということで、今後の発展性にも期待が持てます。

他プロジェクトとのコラボが予定されている

Fetch.aiプロジェクトは、様々なパートナーシップやコラボレーションを展開しており、その実績や信頼性を高めています。

例えば、Boschとの協業でIoTデバイスのエネルギー効率化を目指したり、Datarellaとの協業でブロックチェーンベースのスマートシティソリューションを提供しています。

FETの買い方

FETの保有に興味が出てきた方のために、FETの買い方についてここで解説します。

  • BITPointで元手通貨を取引する
  • 海外取引所へ元手通貨を送金
  • 海外取引所でFETを取引する

BITPointで元手通貨を取引する

BITPOINT公式サイト
取引所名称BITPoint(ビットポイント)
取り扱い通貨数22種類
取引手数料取引所の手数料:無料
※販売所で売買するとスプレッドの負担
入金手数料即時入金:無料
銀行振込:無料
※振込手数料は顧客負担
出金手数料振込手数料を顧客が負担
提供サービス現物取引
つみたて
レンディング
ステーキング
公式サイトBITPointの公式サイト
関連記事BItPointの評判

BITPointはBITPointジャパンが運営する仮想通貨(暗号資産)取引所で、SBIホールディングスの子会社です。

取引手数料や入金手数料が無料であるため、低コストで取引できます。

マイナー通貨の取り扱いが多いこともBITPointの特色の一つで、豊富なNFT関連の通貨も取り扱っています。

現物取引以外にもつみたてや仮想通貨の貸し付けサービスであるレンディング仮想通貨ADAステーキングなど幅広いサービスを提供しています。

興味がある人はBITPointの公式サイトにてご確認ください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

海外取引所へ元手通貨を送金

次に先ほど取引した通貨を海外取引所へ送金します。

送金先は、FETが取引可能な取引所です。

具体的には以下のような取引所です。

海外取引所例
  • Binance
  • Coinbase Exchange
  • KuCoin

海外取引所で口座開設してウォレットから入金用のアドレスとタグをコピーします。

ウォレットから送付先のアドレスとタBinanceでFETを購入するグを入力し、送付金額や手数料を確認して送付を完了します。

海外取引所でFETを取引する

あとは海外取引所でFETを取引するだけです。

例えばBinanceでは、FETと他の仮想通貨との取引ペアが用意されています。

取引所でFET/仮想通貨(例:FET/BTC)を選んで金額や数量を入力し、買い注文を確定すると購入が完了します。

FETに関するQ&A

FETを取引するにあたって抱きがちなよくある質問にお答えしていきます。

FETに関するQ&A
  • 仮想通貨FETはどのような用途がありますか?
  • 仮想通貨FETはどのように発行されていますか?
仮想通貨FETはどのような用途がありますか?

FETは、Fetch.aiプラットフォーム上で様々な用途があります。

例えば、自律型エージェント(AEA)の発見・生成・展開・教育のために使用されたり、スマートコントラクトやオラクルとして機能したりします。

また、ユーザーはFETをステーキングすることでネットワークの検証やレピュテーションに参加することができます。

仮想通貨FETはどのように発行されていますか?

FETは、Fetch.aiプロジェクトによって発行されています。

総供給量は11億5,299万7,575 FETであり、現在循環している供給量は8億1,891万2,300 FETです。

最大供給量は定められていません。新たなFETはネットワーク上でブロックが生成されるたびに報酬として発行されます。

FETのまとめ

導仮想通貨FETとは、人工知能や機械学習の分野で活用される分散型プラットフォームfetch.aiのネイティブトークンです。

FETは、プラットフォーム上のエージェントが自律的に経済活動を行うための支払い手段やインセンティブとして機能します。

FETの買い方は、国内最大級の仮想通貨取引所bitFlyerで元手通貨を購入し、海外取引所へ送金してFETと交換する方法があります。

この記事では、FETの特徴や買い方を詳しく解説しました。

この記事のまとめ
  • Fetch.aiは、AI(人工知能)が自動でデータを収集・分析し、ユーザーに最適なサービスを提供するプラットフォーム
  • FETはFetch.aiのガバナンストークン
  • AI市場の盛りあがりでFETの価値も高まっていく可能性がある
  • Fetch.aiは技術的に他プロジェクトと差別化されている
  • 元手通貨の取引にはBITPointが便利

FETから海外へ元手通貨を送金する際の国内取引所には、BITPointが便利です。

FETの取引に興味がある方は、BITPointの公式サイトにぜひアクセスしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次