仮想通貨Helium(ヘリウム/HNT)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

HNT

世界初のワイヤレスでのP2Pワイヤレスネットワークを提供するプロジェクトが、Helium(HNT)です。

すでに大きな発展を遂げつつあるIoT技術ですが、セキュリティやエネルギーの問題など多くの問題を抱えています。

そうした、Web3.0時代に向けた発展にもつながるIoTの普及を妨げる問題も、Helium(HNT)プロジェクトが解消します。

そもそも分散型のネットワークであるブロックチェーンは、セキュリティに難を抱えるIoTと、とても相性が良いです。

この記事でわかること
  • ホットスポットでヘリウムネットワークが広がる
  • コインベースの上場候補リストに名前が上がっている
  • IoTネットワークにおける問題をクリアにできる
  • ヘリウムネットワークは世界中に広がっている
  • 新サービスヘリウムタブも展開

今後のWeb3.0普及における大きな立役者ともなり得るHelium(HNT)、日本の取引所では取引できず海外取引所での取引となります。

海外取引所で取引するために必要な元手通貨の取引は、bitFlyerで行うのがおすすめです。

デザインがシンプルでみやすく、取引に使うツールも使いやすいことで評判ですので、Helium(HNT)が気になる方は、bitFlyer公式サイトを確認してみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

Helium(HNT)とは?

Helium(HNT)は、IoTデバイスに向けて構築されたP2Pワイヤレスネットワークとブロックチェーン技術と掛け合わせたプロジェクトです。

従来のネットワークは膨大なデータのやりとりによって、膨大なデータやり取りによってコストがかかりますし、セキュリティのリスクも高いです。

Helium(HNT)なら独自のルーターによって、ネットワークの分散化が可能になり、コストの削減とセキュリティリスク低減の両面をクリアします。

heliumの公式ホームページ
名称Helium
シンボルHNT
現在の価格(2022年現在)¥1,181.76
時価総額(2022年現在)¥145,935,468,071.31
時価総額ランキング(2022年現在)50位
入手できる取引所・Binance
・FTX
・Gate.io
・KuCoin
詳細公式サイト

Helium(HNT)のネットワーク網を広げる手伝いをした人に報酬としてHNTトークンが支払われます。

ホットスポットがさらに広がり、Helium(HNT)が取引可能な通貨としてさらに取引所への上場が続いたとしたら、Helium(HNT)の注目度は高まっていくはず。

Helium(HNT)取引のためには、国内取引所から海外取引所への送金が必要になります。

興味がある方は、bitFlyerの公式サイトで送金手順を確認してください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Helium(HNT)の特徴

注目を集めつつあるワイヤレスネットワークプロジェクト、Helium(HNT)についてもう少し詳しく特徴を解説します。

Helium(HNT)の特徴
  • ホットスポットでヘリウムネットワークが広がる
  • ホットスポット内の作業によって得られるトークンの量が変わる
  • コインベースへの上場候補として上がっている

ホットスポットでヘリウムネットワークが広がる

Helium(HNT)最大の特徴はヘリウム・ホットスポットと呼ばれるハードウェアルーターによって構築される、ヘリウムのネットワークです。

一般ユーザーや企業は、ヘリウムの専用ルーターを購入して、Wi-Fi接続後ネットワークを共有します。

それにより、周囲のネットワークをカバーし、そのインセンティブとしてユーザーにはトークンが配布されます。

ユーザーはHelium(HNT)のルーターを設置することで、近くのホットスポットと接続された時に、ブロックチェーン技術によって包括的な接続を行います。

ホットスポット一つにつき周囲最大26キロ圏内をカバーできるので、ホットスポットへのホスティングに投資する人が増えれば増えるほど、ヘリウムネットワークが広がります。

ホットスポット内の作業によって得られるトークンの量が変わる

前述した通り、ユーザーや企業はホットスポットでネットワークを構築することで、独自トークンのHelium(HNT)を獲得できます。

このトークン獲得量は、ネットワーク量と価値に基づいて決められます。

ホットスポットが実行する作業の種類によって、得られる報酬額は変わってきます。

以下の作業によって、ホットスポットで作成する作業圏内のネットワークの質に応じて報酬が決まります。

トークンを獲得できる作業
  • ネットワークデータ転送
  • カバレッジの証明
  • カバレッジの承認になる
  • コンセンサスグループ
  • メッセージの暗号化

コインベースへの上場候補として上がっている

Helium(HNT)は現在、米国の株式市場にも上場を果たしている大手仮想通貨取引所コンベースの情報候補として名前が上がっています。(参照:Coinbase continues to explore support for new digital assets)

上場候補として名前が上がるだけでも注目度が高まるのですが、いざ本当にコインベースへ上場を果たすと注目度は跳ね上がります。

その前に保有することへ意欲的なら、まずはbitFlyerにて海外取引所での取引を行うために元手通貨の取引を行いましょう。

手順や取引ツールの導入などについて詳しく知りたい方は、bitFlyerの公式サイトを確認してください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Helium(HNT)の現在の価格動向

Helium(HNT)が現在どんな価格推移で動いているのか、チャートをみながら確認していきましょう。

Helium(HNT)の現在の価格動向
引用:tradingview

現在Helium(HNT)は、先月末から2022年4月にかけてボトム圏から価格が下降しつつあります。

これは、Helium(HNT)の何か悪いニュースが出たなどというよりは、アメリカの利上げなど社会情勢の影響によるところが大きいです。

利上げが行われることで、まだ実用化されておらず利益が出てない銘柄は、売られやすい状態が続いています。

しかし、仮想通貨は何か一つのニュースで一気に注目度が上がり、そのタイミングを読むのは難しいです。

すでにHelium(HNT)への取引に興味が出ている方は、bitFlyerの公式サイトで元手通貨の取引方法や現在の仮想通貨をとりまくチャート情報などを確認しておきましょう。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Helium(HNT)のこれまでの価格動向

ここからは、もう少し長期で過去のチャートをみながら、Helium(HNT)の価格動向を探っていきましょう。

トークンを獲得できる作業
  • 2020年秋頃は1ドル代半ばで推移
  • 2021年5月ごろチャートはトリプルトップの形に
  • 2021年11月ごろ高値更新

2020年秋頃は1ドル代半ばで推移

2020年秋頃は1ドル代半ばで推移
引用:tradingview

BinanceやFTXに上場した後の2020年秋頃、Helium(HNT)の価格は1ドルから2ドルの間で推移していました。

まだまだ知名度も低く、仮想通貨への注目度自体がまだあまり高くなかったこともあり、ボラティリティが小さかったです。

その後じょじょに知名度も高まっていき、注目度もたかまっていくにつれて、取引の出来高も上がっていきます。

2021年5月ごろチャートはトリプルトップの形に

2021年5月ごろチャートはトリプルトップの形に
引用:tradingview

その後2021年5月ごろ、仮想通貨全体の注目度が高まっていき一時バブルのような状態になります。

5月ごろは10ドルから20ドルのなかで価格が上げ下げを繰り返し、一時は三樽天井とかトリプルトップとか呼ばれるような形になります。

このチャートの形になるとその後下落基調になるのですが、確かにその後多少値下がりこそしたものの多少の下落に留まります。

そしてHelium(HNT)は年末に差し掛かっています。

2021年11月ごろ高値更新

2021年11月ごろ高値更新
引用:tradingview

Helium(HNT)はその後11月から年末にかけて再び大きく値を上げます。

しかしこの時も、大きなニュースなどあったわけでなく、他の通貨に引っ張られる形での値上がりとなります。

そのためこの高値水準を維持できず、下落トレンドに入り今にいたる、という感じです。

現在アメリカの値上げ姿勢などにより、他のリスク資産も値下がり傾向です。

しかし取引のタイミングで一番良いとされているのは、「値下がりしたタイミング」であることを思うと、今は仕込み時ともとれます。

今が取引のチャンスと思う方は、Helium(HNT)と通貨ペアの元手通貨取引のためにも、bitFlyer公式サイトを確認しておきましょう。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

Helium(HNT)の今後の見通し・予想

Helium(HNT)は今後注目度を集める通貨になるのか、それを知るために今後の見通し・予想を調べてみることにしましょう。

Helium(HNT)の今後の見通し・予想
  • ホットスポットがさらに普及する
  • 2年に1度半減期が訪れて発行枚数が半分に
  • 国内外取引所への上場

ホットスポットがさらに普及する

ホットスポットがさらに普及する
引用:https://explorer.helium.com/hotspots

Helium(HNT)のP2Pワイヤレスネットワークを構築するカギとなるのが、ヘリウムホットスポット。

2022年4月現在全世界に73万台ほど設置されているホットスポットですが、この数が増えれば増えるほどヘリウムネットワークは強固になっていきます。

日本などアジア圏内では特にまだカバーされてない地域が多いですから、今後まだまだ発展の余地があります。

2年に1度半減期が訪れて発行枚数が半分に

ホットスポットのルーター設置でマイニングが進むHelium(HNT)ですが、2年に1度発行枚数が半減する半減期が訪れます。

50年でおよそ2.4億枚が発行されるとされているHelium(HNT)ですが、早い年次ほどたくさんの通貨が発行されるので売りの圧力がかかりやすいです。

取引タイミングを検討する際には気をつけるようにしてください。

国内外取引所への上場

取引所への上場

コインベースの上場候補リストに上がっていることはお伝えしました。

今後コインベースへの上場を果たして注目度がさらに上がることで、ゆくゆくは日本国内の取引所への上場もありえます。

取引所が多ければ多いほど通貨の取引量が増えるので、Helium(HNT)の発展と向上につながります。

Helium(HNT)の買い方

繰り返しになりますが、Helium(HNT)は国内の取引所だけでは取引できません。

取引を希望する方は、まず国内の取引所で通貨ペアの元手通貨を取引した後、元手通貨を国外取引所へと送金する手順が必要です。

具体的に、取引手順を紹介します。

Helium(HNT)の買い方
  • bitFlyerで通貨ペアの元手通貨取引
  • 国外取引所への送金
  • 国外取引所でHelium(HNT)取引

bitFlyerで通貨ペアの元手通貨取引

bitFlyer-top
取り扱い通貨数14通貨
取引手数料販売所は無料
取引所:0.01~0.15%
レバレッジ2倍
送金手数料0.0004BTC
詳細bitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyer評判

まずは、国内の取引所で元手となる通貨を取引します。

2022年4月現在、仮想通貨の取引所は国内に32社あるとされています。

ですが今回は、bitFlyerでの取引をおすすめします。

bitFlyerが他の取引所と比べて優れている点はなんといっても、「取引画面の見やすさ」です。

見やすい画面と操作しやすいツールでチャートを見ながら直感的に取引できるので、初心者から上級者までおすすめです。

仮想通貨取引を不便なく行いたい方は、bitFlyer公式サイトを確認してみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

国外取引所への送金

bitFlyerで元手通貨を取引したら、Helium(HNT)の取引に対応した海外取引所へと送金します。

まだHelium(HNT)を取引できる取引所は海外でも少ないので、事前に取引可能な海外取引所の目星をつけておきましょう。

Helium(HNT)を取引可能な海外取引所
  • BINANCE
  • FTX
  • Gate.io
  • KuCoin

送金するには、bitFlyerのメニューから入手金を選択して、送金先の外部アドレスを登録。

登録完了後、送金する通貨の種類と送金する数量を入力して「送付する」を選択してください。

国外取引所でHelium(HNT)取引

送金されたことを海外取引所で確認したら、あとは実際に元手通貨を利用してHelium(HNT)の取引を実行するだけです。

ですが海外取引所は法律が未整備で、安全性が担保されていない場合もありますので取引は自己責任で行なってください。

Helium(HNT)に関するQ&A

Helium(HNT)はまだまだ発展途上のプロジェクトで、通貨です。

そのためまだまだ情報が少なく、知られてない部分も多いでしょう。

ここでは以下のよくある疑問に先回りしてお答えします。

Helium(HNT)に関するQ&A
  • ヘリウム・ブロックチェーンとは?
  • IoTにおけるセキュリティやプライバシーのリスクとは?
  • 新サービスのヘリウム・タブとはどんなサービス?

ヘリウム・ブロックチェーンとは?

Helium(HNT)は独自のパブリック分散台帳である「ヘリウム・ブロックチェーン」技術が用いられています。

ヘリウム・ブロックチェーンでは、アプリケーションのコアロジックをネットワーク上で効率的な方法で提供します。

独自のコンセンサスを実行して検証される、追加トランザクションシステムが提供されることで、ゼロから設計されて効率的なプロトコルが構築されています。

また、IoTにおけるネットワークのセキュリティを向上させるために、ホットスポットの位置情報を暗号化するコンセンサスアルゴリズムである「Proof-of-Coverage」も使用されています。

IoTにおけるセキュリティやプライバシーのリスクとは?

現在普及しつつあるIoTデバイスにはセキュリティリスクが問題として挙げられています。

デバイスがネットと繋がっている状態では、外部アクセスで攻撃を受けるリスクがあります。

またデバイスにアクセスされた時、個人が「今どこにいるか」などの重大情報を握られる可能性もあります。

IoTデバイスをいつも持ち歩いていた場合、デバイスから「どこにいるか」の他「いつ帰宅したか」などの情報も浮き彫りになるリスクもあるのです。

新サービスのヘリウム・タブとはどんなサービス?

ヘリウム・タブは、自分のデバイスのほか、ペットなどを追跡するために設計されたシンプルなシステム。

この時追跡に用いられるのは当然、ホットスポットによって構築されたヘリウムネットワークです。

すでに世界中へと広がっているヘリウムホットスポットとヘリウムネットワーク。

このネットワークを利用して、ペットの首輪や互換性のあるIoTデバイスの場所を受信することで、容易に追跡できるということです。

Helium(HNT)のまとめ

今回解説したのは世界初のP2Pワイヤレスネットワークを構築するプロジェクト、それに伴うトークンHelium(HNT)です。

IoT向けのワイヤレスネットワークを構築し、ユーザーはルーター設置でインセンティブとしてトークンを得られます。

従来の集中型ネットワークでのデバイス接続は、多くのコストがかさむだけでなく、セキュリティやプライバシー面でリスクがあります。

Helium(HNT)はこれらの問題解決につながるソリューションを提供します。

この記事のまとめ
  • ホットスポットでヘリウムネットワークが広がる
  • コインベースの上場候補リストに名前が上がっている
  • IoTネットワークにおける問題をクリアにできる
  • ヘリウムネットワークは世界中に広がっている
  • 新サービスヘリウムタブも展開

すでに世界中に広がりつつあるヘリウムネットワーク。

さらにHelium(HNT)の影響力が世界中に広まったとしたら、トークンとしての注目度がさらに上がるのは間違いありません。

保有に興味のある方は、bitFlyerでのHelium(HNT)との通貨ペアトークン取引を行なってください。

公式サイトでは取り扱い通貨の現在のチャートや相場も確認できますので、興味を抱いた方は、bitFlyer公式サイトを確認してみてください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる