Move to Earn(M2E)とは?仕組みや始め方・おすすめゲームを徹底解説

Move to Earnとは
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

これまでのNFTゲーム市場では、遊んで稼ぐ「Play to Earn」というコンセプトのゲームが大きな広がりを見せていましたが、現在は運動して稼ぐ「Move to Earn」が大きな話題となっています。

この記事では、そんな「Move to Earn」のゲームの特徴やメリット・デメリット、またゲームの始め方などを詳しく解説していきます。

記事の後半では、人気のMove to Earnゲームについてもご紹介していくので、ぜひ最後まで参考にしてみてください。

この記事の要点
  • Move to Earnとは、歩いたり走ったり運動することで仮想通貨を稼げる仕組み・プロジェクトのこと
  • Move to Earnのゲームをプレイして獲得した仮想通貨・NFTは取引所やマーケットプレイスで取引できる
  • Move to Earnプロジェクトのメリット・デメリットや始め方の手順を解説
  • Move to Earnを始めるためには、まずBITPointなどの国内取引所で原資となる仮想通貨を取引する必要がある

これから「Move to Earn」のゲームを始めるためには、まず国内取引所にて原資となる仮想通貨を取引する必要があります。

国内取引所の中でも、BITPoint はセキュリティの高さに定評があり初心者の方でも安心して使うことができるので、ぜひこの機会にBITPointの公式サイトを確認してみてはいかがでしょうか。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

目次

Move to Earn(M2E)とは

Move-to-Earnとは

Move to Earn(M2E)とは、文字通り「動いて稼ぐ」というコンセプトをもとにした仕組みのことです。

これまでの仮想通貨やGameFi市場では、遊んで稼ぐことをコンセプトとした「Play to Earn」が一般的でしたが、NFTやブロックチェーンの技術を使うことで、歩いたり走ったりすることでもトークンを獲得することができます。

基本的には専用のアプリをスマートフォンにダウンロードし、GPS機能を使って歩いた距離・時間に応じて仮想通貨が得られる仕組みを採用しています。

特にゲームをする時間はないものの、日常的に行う「歩く」「走る」という行動からお金を稼げることから、Move to Earn(M2E)は現在大きな注目を集めていると言えるでしょう。

これからMove to Earnのゲームを始めていきたいと思っている方は、原資となる仮想通貨の取引を行えるBITPointの公式サイトもチェックしてみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

Move to Earn(M2E)の仕組みと稼ぐ方法

ここでは、Move to Earnの仕組みや特徴についてより詳しく解説していきます。

Move to Earn(M2E)の仕組みと稼ぐ方法
  • 歩いたり走ったりすることで仮想通貨やゲーム内で使用できるNFTを獲得できる
  • 獲得した仮想通貨・アイテムを取引所やマーケットプレイスで取引できる
  • NFTスニーカーを取引することで稼ぐこともできる

歩いたり走ったりすることで仮想通貨やゲーム内で使用できるNFTを獲得できる

Move to Earnの最も基本的な仕組みとしては、歩く・走るといった運動をすることで仮想通貨を獲得できることが挙げられるでしょう。

また、運動することで仮想通貨以外にもゲーム内で使用できるNFT化されたアイテムが得られることもあります。

Move to Earnは、誰もが日常的に行う「運動」という行動に焦点を当てたことから、多くの人々の興味・関心を集め大きな盛り上がりを見せている状況となっています。

獲得した仮想通貨・アイテムを取引所やマーケットプレイスで取引できる

Move to Earnのゲームをプレイして獲得した仮想通貨・NFTは、暗号資産取引所やマーケットプレイスで取引することができます。

また、Move to Earnのプロジェクトの中には仮想通貨・NFTの取引をアプリ内で完結できるものもあるため、これまで仮想通貨に触れたことがない方でも安心して利用できるでしょう。

もちろん獲得した仮想通貨は取引所を経由し、日本円にも交換することも可能となっています。

NFTスニーカーを取引することで稼ぐこともできる

また、Move to Earnでは歩く・走るといった運動以外にも、ゲームで使用するスニーカーを取引して稼ぐこともできます。

プレイするゲームにもよりますが、「ミント」というスニーカー同士を組み合わせて新しいスニーカーを生み出す機能が実装されています。

このように運動以外の方法でも稼ぐ手段があることは、Move to Earnの大きなメリットと言えるでしょう。

少しでもMove to Earnのプロジェクトに興味がある方は、ぜひこの機会にBITPointの公式サイト も詳しくチェックしてみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

Move to Earn(M2E)のメリット

次に、Move to Earn(M2E)のゲームをプレイするメリットを3つに厳選してご紹介していきます。

Move to Earn(M2E)のメリット
  • 日常的に行う「歩く・走る」という行為から仮想通貨を獲得できる
  • 稼げるだけでなく健康・運動習慣も得られる
  • これまで仮想通貨に触れたことがないユーザーにも普及する可能性がある

日常的に行う「歩く・走る」という行為から仮想通貨を獲得できる

やはりMove to Earnの最も大きなメリットは、歩く・走るといった日常的な行為からお金を稼げるということでしょう。

仮想通貨のトレードやゲームで遊ぶといった時間を確保できない方は多いですが、歩くという行為は誰でも日常的に必ず行っています。

そういった手軽さが多くのユーザーに影響を与え、現在のブームを引き起こしていると言えるでしょう。

稼げるだけでなく健康・運動習慣も得られる

Move to Earnのメリットとして、継続的な運動習慣を身につけられることも挙げられるでしょう。

事実、多くのMove to Earnのプロジェクトがお金を稼ぐだけでなく、健康的な生活や運動習慣の定着を目的としています。

これまで仮想通貨に触れたことがないユーザーにも普及する可能性がある

また、Move to Earnはこれまで仮想通貨に触れたことがない層にも、大きく普及する可能性を秘めています。

後にご紹介するSTEPNというプロジェクトは、これまで仮想通貨に触れたことがない方にもWeb3.0の世界を体験してもらうことを一つの目的としており、事実大きな成功を納めています。

Move to Earnはまだ始まったばかりのプロジェクトであるため今後の予想は難しいですが、仮想通貨市場を大きく変える可能性を秘めていることは間違いないでしょう。

この機会にMove to Earnを始めてみたい方は、初心者でもシンプルでわかりやすいBITPointの公式サイト もチェックしてみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

Move to Earn(M2E)のデメリット

ここでは、Move to Earnを始める前に知っておきたいデメリットについても確認していきましょう。

Move to Earn(M2E)のデメリット
  • ゲームを始めるためには初期費用がかかることが多い
  • 毎日継続して歩く時間を確保する必要がある
  • 新しいプロジェクトであることから将来の先行きは不透明

ゲームを始めるためには初期費用がかかることが多い

Move to Earnのデメリットとして、ゲームを始めるための初期費用がかかることが挙げられます。

特にMove to Earnの中でも有名なSTEPNを例にすると、2022年5月現在、NFTスニーカー1つが約13SOL(約85,000円)で取引されています。

歩いて稼げることが大きな魅力のMove to Earnですが、初期費用を用意する必要がある点はデメリットと言えるでしょう。

毎日継続して歩く時間を確保する必要がある

Move to Earnのデメリットとして、毎日継続して歩く時間を確保しなければいけないことも挙げられます。

特に普段から運動をする習慣がない方の中には、毎日継続できずにプロジェクトから撤退してしまう方もいるでしょう。

あくまでお金を稼ぐという目的だけでなく、健康や運動習慣の獲得ということもMove to Earnの目的として始めるのが良いのではないでしょうか。

新しいプロジェクトであることから将来の先行きは不透明

現在大きな盛り上がりを見せており、今後も期待されているMove to Earnですが、将来の先行きはまだまだ不透明です。

というのもMove to Earn自体がまだ始まったばかりのプロジェクトとなっており、今後の動向によっては思うように普及しない可能性も考えられます。

非常に魅力的なプロジェクトではありますが、先行きはまだわからないということは事前に把握しておく必要があるでしょう。

いくつかデメリットもあるMove to Earnですが、少しでも興味がある方はぜひこの機会にBITPointの公式サイト にもアクセスしてみてください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

Move to Earn(M2E)の始め方

次に、Move to Earnのゲームを始めるための一般的な流れ・手順について確認していきましょう。

ただし、ここでは一般的な始め方の手順をご紹介していくので、プレイするゲームによっても詳細は異なるので、その点は注意してください。

Move to Earn(M2E)の始め方
  • 国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を取引する
  • 取引した仮想通貨を海外取引所に送金し、ゲームに必要な仮想通貨に交換する
  • プレイするMove to Earnのゲームのアプリをダウンロードする
  • アプリ内にあるウォレットに仮想通貨を送金する
  • 送金した仮想通貨でNFTスニーカーを取引してゲームを始める

国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を取引する

Move to Earnを始めるためには、まずは国内取引所で原資となる仮想通貨の取引を行う必要があります。

数ある国内取引所の中でも、BITPointは取引画面がシンプルで見やすく初心者でも使いやすいと評判の取引所となっています。

無事にBITPointのアカウントの作成ができたら、日本円の入金を行いビットコインなどの仮想通貨を取引してください。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

取引した仮想通貨を海外取引所に送金し、ゲームに必要な仮想通貨に交換する

次に、BITPointで取引した仮想通貨を海外取引所の送金していきます。

BITPointの管理画面の「入出金」のページに移動し、海外取引所のアドレスを入力して送金を行っていきましょう。

無事に海外取引所に送金ができたら、プレイするゲームに必要な仮想通貨に交換していきます。

必要な仮想通貨は利用するゲームによって異なるので、事前に確認しておいてください。

プレイするMove to Earnのゲームのアプリをダウンロードする

海外取引所への送金が完了したら、プレイするゲームのアプリをダウンロードしてください。

基本的にゲームの公式サイトにはiPhone・Androidそれぞれのアプリをダウンロードできるリンクが設置されているので、各公式サイトにアクセスするようにしましょう。

アプリ内にあるウォレットに仮想通貨を送金する

アプリのダウンロードができたら、海外取引所からアプリ内にあるウォレットに仮想通貨を送金していきます。

なお、仮想通貨を送金する際に入力したアドレスが間違っていると、ほぼ100%の確率で送金した通貨が失われてしまいます。

大切な資金を失わないためにも、送金を行う際は細心の注意を払うようにしてください。

送金した仮想通貨でNFTスニーカーを取引してゲームを始める

最後にアプリに送金した仮想通貨でNFTスニーカーの取引を行ってください。

NFTスニーカーを手に入れたら、あとは歩いたり走ったりして仮想通貨を獲得していきましょう。

Move to Earn(M2E)のおすすめゲーム

ここでは、現在大きな話題を呼んでいる人気のMove to Earnゲームを5つご紹介していきます。

Move to Earn(M2E)のおすすめゲーム

STEPN

STEPN
ゲーム名STEPN
ブロックチェーンソラナブロックチェーン
トークンGMT、GST
公式サイトSTEPN公式サイト
関連記事STEPNとは

STEPNは、数が増えつつあるMove to Earnの中でも最も有名で人気が高いプロジェクトです。

2021年に創業した「Find Satoshi Lab」によって運営が行われており、2023年6月現在もDiscordの参加者が50万人を突破するなど大きな盛り上がりを見せています。

歩いたり走ったりすることでGST(Green Satoshi Token)という仮想通貨を稼ぐことができ、アプリ内ですぐに換金できるなど、ユーザビリティが非常に良いことも大きな特徴です。

これからMove to Earnを始めるにあたって、まず検討すべきプロジェクトの一つとなっています。

Fitmint

Fitmint
ゲーム名Genopets
ブロックチェーンイーサリアムブロックチェーン
トークンFITT
公式サイトFitmint公式サイト

Fitmintは、STEPNに次ぐMove to Earnのプロジェクトと言われており、TwitterなどのSNSでも盛り上がりを見せているゲームです。

歩くことでFITTという仮想通貨を得ることができ、金利収入を得ることができるステーキングを行うこともできます。

また、STEPNと大きく異なる点は初期費用を無料で始められることとなっており、原資回収ができないリスクなどを避けることが可能です。

もし初期費用なしでMove to Earnを始めたいという方は、ぜひFitmintの公式サイトも確認してみてはいかがでしょうか。

STEP

STEP
ゲーム名STEP
ブロックチェーンバイナンススマートチェーン
トークンSTEP
公式サイトSTEP公式サイト

STEPは、バイナンススマートチェーン上で開発されているMove to Earnプロジェクトです。

多くのMove to Earnでは運動することで独自の通貨を獲得できますが、STEPではBNB(バイナンスコイン)を獲得できるという特徴を持っています。

また、仮想通貨がもらえる条件として4,000〜30,000歩までと歩数制限があることも、他のプロジェクトとは異なる点と言えるでしょう。

Step.app

Step.app
ゲーム名Step.app
ブロックチェーンアバランチブロックチェーン
トークンFITFI、KCAL
公式サイトStep.app公式サイト
関連記事Step.appとは

Step.appも他のプロジェクトと同様に、歩いたり走ったりすることで仮想通貨を稼ぐことができるMove to Earnです。

Step.appのガバナンストークンであるFITFIは大手取引所のBybitにも上場したことで知られており、強い価格上昇を見せ大きな話題となりました。

また、Step.appには「プレイヤー同士の対戦機能」など他のMove to Earnにはない大きな特徴を持っています。

2023年6月現在、まだゲームは正式にリリースされていませんが、今後大きく期待できるプロジェクトの一つと言えるでしょう。

Genopets

Genopets
ゲーム名Genopets
ブロックチェーンソラナブロックチェーン
トークンKI、GENE
公式サイトGenopets公式サイト
関連記事Genopetsとは

Genopetsは、ここまでご紹介したMove to Earnとは少し異なり、歩くことでキャラクターを育てていくプロジェクトです。

プレイヤーが歩くことでキャラクターが育ち、あわせてGENEという仮想通貨を獲得することが可能となっています。

また、課金すれば効率的に稼ぐことができますが、Genopetsも基本的には無料でゲームを始められることも特徴と言えるでしょう。

Solanaが運営しているということからも非常に信頼性が高いので、少しでも気になる方は公式サイトを確認してみてください。

ここまでご紹介したMove to Earnプロジェクトを始めてみたいという方は、送金用の取引所としてBITPointの公式サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

Move to Earn(M2E)に関するQ&A

最後に、Move to Earn(M2E)に関するよくある質問をご紹介していきます。

Move to Earn(M2E)に関するQ&A
  • Move to Earnのゲームを無料でプレイする方法はありますか?
  • 毎日歩くだけでどれくらい稼げるのですか?
Move to Earnのゲームを無料でプレイする方法はありますか?

多くのMove to Earnのゲームは、ゲームスタート時にNFTスニーカーを取引する初期費用が必要となります。

しかし、プロジェクトによっては公式TwitterなどでスニーカーのGiveawayを行っていることもあるので、無料で始めたい方はそういったイベントに参加してみてはいかがでしょうか。

毎日歩くだけでどれくらい稼げるのですか?

プレイするゲームによっても稼げる金額は大きく異なります。

また、自分が保有しているNFTスニーカーのレベルなども稼げる額に大きく影響してきます。

具体的な稼げる金額を知りたい方は、各ゲームの公式サイトやホワイトペーパーなどを確認するのが良いでしょう。

Move to Earn(M2E)のまとめ

今回の記事では、現在大きな話題となっているMove to Earnの特徴やメリット・デメリット、おすすめのゲームなどをご紹介してきました。

記事の最後にもう一度内容を振り返っていきましょう。

この記事のまとめ
  • Move to Earnとは、歩く・走るといった運動で仮想通貨を稼げる仕組み・プロジェクト
  • Move to Earnのゲームで遊んで獲得した仮想通貨・NFTは取引所やマーケットプレイスで取引可能
  • Move to Earnプロジェクトは今後も多くのユーザーに普及していく可能性を秘めている
  • Move to Earnを始めるためには、まずBITPoint などで原資となる仮想通貨を取引する必要がある

ここまでご紹介してきたように、Move to Earnは日常的な「歩く」という行動にフォーカスしたプロジェクトとなっており、現在大きな広がりを見せていると言えるでしょう。

これからMove to Earnを始めていきたい方は、始め方の手順でも解説したようにまず原資となる仮想通貨を取引する必要があります。

国内取引所の中でも、BITPointはセキュリティの高さが定評なので、少しでも気になる方はぜひBITPointの公式サイト を確認しておきましょう。

\3,500円分の仮想通貨がもらえる!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次