仮想通貨BONKとは?買い方や価格予想・今後の見通し/将来性を詳しく解説

仮想通貨BONK
運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

BONKトークンとは、Uniswap上で取引されているERC-20トークンの一つです。

BONKは、BONKプロトコルと呼ばれる分散型取引所のトークンであり、取引手数料や流動性マイニング報酬を受け取ることができます。

今回はBONK Protocolのプラットフォーム内で使用される汎用ユーティリティトークン、BONKトークンについて解説します。

この記事でわかること
  • BONKはBONK Protocolのユーティリティトークン
  • イーサリアム上で発行されておりERC-20トークン規格に従っている
  • BONK Protocolの運営チームは明かされていない
  • 今後仮想通貨市場の変化でBONKの注目度もかわる
  • BONKを取引するならまずはBITPointなどで仮想通貨を準備しよう

BONKを取引するためには、国内で元手通貨を取引してから、海外取引所へ送金後海外取引所で取引する必要があります。

元手通貨を取引する国内取引所は、BITPointが便利です。

日本法人であり、安心して取引ができますし、手数料が安く、多彩な取引方法があり、豊富な仮想通貨が取り扱われています。

気になる方はBITPointの公式サイトを確認してください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

目次

BONKとは?

BONK
名称Bonk
シンボルBONK
現在の価格(2024年5月現在)¥0.005383
時価総額(2024年5月現在)¥361,745,441,503
時価総額ランキング(2024年5月現在)50位
購入できる取引所・Raydium
・Gate.io
・Bybit
詳細公式サイト

BONKは、DeFi(分散型金融)プラットフォームの1つであるBONK Protocolのユーティリティトークンです。

BONK Protocolは、自己流動性機能を持つ自己変調型のAMM(自動市場メーカー)を使用して、トレード、流動性マイニング、ユーザー報酬などの機能を提供しています。

BONK Protocolのプラットフォーム内で使用される汎用ユーティリティトークンであるBONKには、以下のような用途があります。

BONKの用途

1.手数料支払い: BONKトークンを使用して、BONK Protocol上でのトランザクション手数料を支払うことができます。

2.報酬: ユーザーは、BONKトークンを保有することで、プラットフォームの様々なアクティビティーに対して報酬を得ることができます。

3.流動性提供: BONKトークンを保有することで、BONK Protocol上の流動性プールに参加し、トレード手数料の一部を受け取ることができます。

イーサリアム上で発行されており、ERC-20トークン規格に従っています。

BONKトークンの注目度は市場の需要と供給によって変動し、取引所で取引が可能です。

またDeFiプロジェクトの1つであり、BONKトークンは高いリスクと高い利益の投資となる場合がありますので、投資に際しては十分なリサーチとリスクマネジメントが必要です。

BONKを取引したい方は、まずBITPointなどの国内取引所で元手となるビットコインを準備する必要があります。

2段階認証やIP制限などのセキュリティ対策を実施しており、ユーザーのアカウントや資産を保護しているため安心して利用できるでしょう。

ぜひBITPointの公式サイトを確認してください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

BONKの特徴

BONKの特徴について、詳しく調べてみましょう。

BONKの特徴
  • 自己流動性がある
  • 高いエコシステムの成長性
  • コミュニティーのサポートを受けられる
  • ソラナベースの犬コイン

一つずつ見ていきます。

自己流動性がある

BONK Protocolは、自己流動性モデルを採用しており、取引のたびに注目度が自動的に調整されます。

この仕組みにより、市場参加者はいつでもトークンを取引することができ、市場の需要と供給に応じて注目度が変動することが期待されます。

自己流動性モデルを採用することで、BONK Protocolは市場の流動性を向上させ、トークン取引における手数料を抑えることができます

高いエコシステムの成長性

BONK Protocolは、DeFiエコシステムの一部として、より大きな流動性プールや取引ボリュームを目指しています。

そのため、プラットフォームの成長に伴い、BONKトークンの需要も高まる可能性があります。

コミュニティーのサポートを受けられる

BONK Protocolのコミュニティーは、プロジェクトの発展や認知度の向上に貢献するために、さまざまな形でサポートしています。

コミュニティーは活発であり、開発者や投資家などが積極的なサポートが行われています。

このようなコミュニティーのサポートがあるため、BONKトークンはより広い需要を獲得しやすいでしょう。

ソラナベースの犬コイン

2024年現在、様々な仮想通貨が市場に出回っていますが、BONKはソラナのブロックチェーンが基盤となった犬コインという特徴があります。

犬コインとは、DOGEコインSHIB Inuコインといった犬をモチーフとしたミームコインです。

通貨DOGEコインSHIB InuコインBONK
価格¥28.70¥0.004153¥0.005377
時価総額¥4,098,444,983,243¥2,433,817,791,626¥361,217,583,929
時価総額ランキング8位12位72位
2024年5月27日時点

ネタ的な要素として発行された通貨にも関わらず、DOGE、SHIBと高い時価総額で取引されています。

BONKも昨今の価格高騰から、犬コインで3番目の時価総額を誇り注目度が高いです。

犬コインの価格変動に連動しやすいですが、BONKはソラナ基盤で作成されているということもあり、仮想通貨SOLとの相関性もあります。

ユニークな特徴を持つBONKの取引には、元手となる通貨を国内取引所で準備する必要があります。

人気取引所のBITPointは、ユーザーフレンドリーな取引画面を提供しており、シンプルなインターフェースで取引が行えます。

また、使いやすいモバイルアプリも提供しているため、いつでもどこでも取引が可能です。

具体的に興味がある方は、この機会にBITPointの公式サイトを確認してください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

BONKの現在の価格動向

BONKの今後の価格動向を知るためにも、現在の価格動向を調べておきましょう。

BONKの現在の価格動向

BONKは、2023年1月に上場され、当初は0.0000002~0.000003ドル付近で取引されていました。

2023年10月後半からビットコインの現物ETF承認期待から、仮想通貨市場全体で上昇を見せています。

2023年12月にはソラナの提供するモバイルサービス「Saga」でBONKのエアドロップが実施されると公開され、Sagaの完売やSOL価格の高騰が影響してBONKも上昇中です。

また、12月には海外大手のバイナンスやコインベースでの上場が決まったことも上昇の背景にあると考えられます。

2023年1月から2024年5月現在まで約3,000%もの高騰を見せていますが、急騰後は反発する可能性もあるので注意です。

投資を行う際には、リスクに注意してください。

リスクに気を配りながら取引する際には、BITPointで元手となる仮想通貨を準備するのが良いでしょう。

手数料が安く、多彩な取引方法があるので取引しやすいです。

この機会にBITPointの公式サイトを確認してください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

BONKのこれまでの価格動向

BONKはこれまでどんな値動きをしていたのか。

これからの値動きについて調べるためにも、過去の値動きについてみておきましょう。

BONKのこれまでの価格動向
  • 2023年1月はじめごろ
  • 今後の値動きは話題性、ニュース、社会情勢などで変わる

順番に見ていきます。

2023年1月はじめごろ

2023年1月はじめごろ

他の通貨と同じく、BONKも上場直後大きく値上がりしますが、その後は価格が下落基調となります。

今後の値動きは話題性、ニュース、社会情勢などで変わる

仮想通貨市場においては、今後の値動きは多様な要因によって変化することがあります。

たとえば、仮想通貨市場に関する話題性やニュース、社会情勢などが挙げられます。

例えば、仮想通貨市場が大幅な上昇を見せることがあるのは、ビットコインやイーサリアムなどの代表的な仮想通貨に関する良いニュースが報じられたり、仮想通貨に対する投資家の注目度が高まったりした場合です。

BONKも今後注目度が急上昇することがあるかもしれませんが、その前に取引して保有しておきたい方は、まず元手となる仮想通貨を準備しておきましょう。

元手通貨を取引する際には、セキュリティが強固な国内取引所BITPointの利用を検討してください。

取引のやり方を知りたい方は、BITPointの公式サイトを確認してみましょう。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

BONKの今後の見通し・予想

今出ている情報から、BONKの今後の見通しについて考えてみましょう。

BONKの今後の見通し・予想
  • BONKの成長性が高まる
  • 新しい機能が実装される
  • 流動性が向上する
  • ソラナモバイル第二弾への期待

詳しく見ていきます。

BONKの成長性が高まる

BONK ProtocolはDeFiエコシステムの一部として、プラットフォームの成長を目指しています。

DODOやPancakeSwapなどのDeFiプラットフォームとの連携や多数のイベント主催など、活発な活動を展開しています。

BONKトークンの需要拡大やプロジェクトの認知度向上に貢献しており、今後も新機能の実装やコミュニティの拡大を進めることで成長性が期待されます。

新しい機能が実装される

BONK Protocolは、新しい機能の実装によって、BONKトークンの利用価値が向上し、需要拡大が期待されます。

具体的には、ローン機能やイールドファーミングなどの機能追加や、NFTを用いたゲームやオークションなどの新しいプロダクトの開発が計画されています。

これにより、BONKトークンは、より多くのユーザーにとって有用なトークンとなり、需要の拡大が期待されます。

流動性が向上する

BONK Protocolは自己流動性モデルを採用しており、市場の需要と供給が自動的に調整され、常に流動性が保たれています。

またDeFiプラットフォームとの連携により、BONKトークンの流動性が向上し、注目度のスリッページが最小限に抑えられます。

今後も自己流動性モデルの改善や、新しい流動性プールの提供などが計画されており、BONKトークンの流動性の向上が期待できるでしょう。

ソラナモバイル第二弾への期待

2023年からのBONK急騰は、ソラナが開発したソラナモバイル「Saga」が大きく影響していると考えられています。

ソラナモバイルSagaの購入者には、3000万BONKのエアドロップが実施されると発表され、2023年12月の時点ですでに完売しています。

3000万BONKは当時のレートで約877ドルと、Sagaの販売価格599ドルを上回るものでした。

2024年1月には、完売したSagaの第2弾となるスマートフォンが開発される計画が公表されており、BONKがどのようにして携わるのかにも注目が集まっています。

第二弾でもエアドロップの実施、もしくは何らかの形で機能するようであれな、再度注目度が高まり価格上昇に繋がる要因になり得るでしょう。

BONKの買い方

BONK保有を検討する方のために、具体的なBONKの買い方についてご紹介します。

BONKの買い方
  • BITPointにログインし元手通貨を入金する
  • 元手通貨を海外取引所へ送金
  • 海外取引所での取引

順番に説明していきます。

BITPointにログインし元手通貨を入金する。

BITPOINT公式サイト
取引所名称BITPoint(ビットポイント)
取り扱い通貨数22種類
取引手数料取引所の手数料:無料
※販売所で売買するとスプレッドの負担
入金手数料即時入金:無料
銀行振込:無料
※振込手数料は顧客負担
出金手数料振込手数料を顧客が負担
提供サービス現物取引
つみたて
レンディング
ステーキング
公式サイトBITPointの公式サイト
関連記事BItPointの評判

BITPointはBITPointジャパンが運営する仮想通貨(暗号資産)取引所で、SBIホールディングスの子会社です。

取引手数料や入金手数料が無料であるため、低コストで取引できます。

マイナー通貨の取り扱いが多いこともBITPointの特色の一つで、豊富なNFT関連の通貨も取り扱っています。

現物取引以外にもつみたてや仮想通貨の貸し付けサービスであるレンディング仮想通貨ADAステーキングなど幅広いサービスを提供しています。

興味がある人はBITPointの公式サイトにてご確認ください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

元手通貨を海外取引所へ送金

取引した元手通貨を海外取引所を送金します。

海外取引所への送金が終われば、BONKトークンを取引することができます。

海外取引所によっては、BONKトークンを購入するためにビットコインだけでなく、イーサリアムなどの仮想通貨でも取引が可能な場合があります。

また、取引所によって手数料が異なるため、事前に確認することが重要です。

取引可能な海外取引所
  • バイナンス
  • コインベース
  • Raydium
  • Gate.io
  • Bybit
  • Huobi

海外取引所での取引

海外取引所でBONKトークンを取引する場合、先にBONKトークンを購入するために必要なビットコインを入金します。

入金後、海外取引所でBONKトークンを購入できるはずです。

BONKに関するQ&A

BONKに関して抱きがちなよくある質問にお答えします。

BONKに関するQ&A
  • BONK Protocolは安全ですか?
  • BONKトークンはどのように注目度が決まりますか?
BONK Protocolは安全ですか?

BONK Protocolは、セキュリティーに配慮した設計が行われており、AuditorやBug Bountyプログラムなどを活用してセキュリティーの確保に努めています。

また、スマートコントラクトのコードもオープンソースで公開されており、誰でも閲覧することができます。

ただし、投資には常にリスクが伴いますので、自己責任で行ってください。

BONKトークンはどのように注目度が決まりますか?

BONKトークンの注目度は、市場の需要と供給によって決まります。

自己流動性モデルによって、市場の需要と供給が自動的に調整されるため、注目度のスリッページが最小限に抑えることが可能です。

また、BONKトークンの需要が高まった場合には、注目度が上昇するかもしれません

BONKのまとめ

BONKトークンは、自己流動性モデルを採用していることで、価格の変動が比較的少なく、投資家にとって魅力的なトークンの一つとなっています。

また、コミュニティーのサポートがしっかりしており、プロジェクトの改善や成長性に期待が寄せられています。

BONKの注目度上昇に賭けるなら、今から海外取引所での取引を検討してください。

この記事のまとめ
  • BONKはBONK Protocolのユーティリティトークン
  • イーサリアム上で発行されておりERC-20トークン規格に従っている
  • BONK Protocolの運営チームは明かされていない
  • 今後仮想通貨市場の変化でBONKの注目度もかわる
  • BONKを取引するならBITPointなどで元手となる仮想通貨を準備しよう

海外取引所で送金するための送金元の元手通貨は、国内取引所のBITPointでの取引を検討してください。

初心者でも安心して、仮想通貨を取引できるはずです。

おすすめの国内取引所「BITPoint」について知りたい方は、BITPointの公式サイトを確認してください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次