ワールドコイン(WLD)とは?最新の価格動向と将来性・買い方を徹底解説

運営ポリシー
※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。 なお、当サイトの記事作成基準・フローに関してはコンテンツポリシーをご参考ください。また、ページには広告が含まれる場合があります。

仮想通貨ワールドコイン(Worldcoin/WLD)は「OpenAI」のCEOによる、新たな仮想通貨構想の中で生まれた通貨です。

直近では海外大手のBinance等に上場を果たしたことから、投資対象として注目している方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ワールドコイン(WLD)の特徴や将来性・もらい方などについて解説します。

この記事でわかること
  • ワールドコイン(WLD)はOpenAIのCEOサム・アルマン氏主導の「ワールドコイン財団」が発行する仮想通貨
  • 動画生成AI「Sora」の発表もあり現在価格が高騰中
  • 今後も更なる価格上昇を期待する人が多い通貨として、注目されている

ワールドコイン(WLD)を購入する際は、まず国内取引所のアカウント作成が必要です。

仮想通貨初心者の方は、操作性や取引ツールに優れた「BITPoint」の利用を検討してみましょう。

BITPointでは新規アカウント作成と初回取引で、最大1,500円分のBTCがもらえるキャンペーンを開催中です。

BITpointキャンペーン

興味のある方はぜひ以下のリンクから、BITPointの公式サイトをチェックしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

目次

仮想通貨ワールドコイン(WLD)とは?

ワールドコイン
引用:World Coin
名称ワールドコイン
シンボルWLD
現在価格(2024年6月時点)¥597.87
時価総額(2024年6月時点)¥142,740,040,768
時価総額ランキング(2024年6月時点)86位
購入できる取引所Binance、OKX、Bybit
公式サイトワールドコイン公式サイト

ワールドコイン(WLD)は、OpenAIのCEOサム・アルマン氏主導の「ワールドコイン財団」が発行する仮想通貨です。

世界中の人に無料で配布される仮想通貨」であるのが最大の特徴で、ユーザーは自身の生体データ提供の対価としてワールドコイン(WLD)を受け取れます。

プロジェクト内での発言権を持つガバナンスとして機能しており、今後はエコシステム内でのユーティリティを持つ可能性があることも示唆されています。

WLD直近価格動向

なお、2024年3月には、動画生成AI「Sora」の発表を受けて価格が大きく高騰しました。

今後の価格上昇に期待し、多くの投資家が注目している結果と言えるでしょう

ワールドコイン(WLD)に投資するためには、まず国内取引所のアカウント作成を進めておきましょう。

国内取引所の利用は、各種手数料無料で取り扱い通貨数が豊富な「BITPoint」を検討してみてください。

扱いやすい取引ツールもユーザーから好評なので、ぜひBITPointの公式サイトから詳細をチェックしてみましょう。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

仮想通貨ワールドコイン(WLD)の特徴

仮想通貨ワールドコイン(WLD)の特徴は、以下のとおりです。

仮想通貨ワールドコイン(WLD)の特徴
  • OpenAI共同開発者の手掛けるプロジェクトが発行
  • 「World ID」発行の対価として受け取り可能
  • 独自の仮想通貨ウォレットアプリを展開

OpenAI共同開発者の手掛けるプロジェクトが発行

ワールドコイン(WLD)は、OpenAI共同開発者サム・アルマン氏の手掛ける「ワールドコイン財団」が発行しています。

ワールドコイン財団とは、サム・アルトマン氏と物理学者アレックス・ブラニア氏が共同で設立した仮想通貨プロジェクトであり、誰もがグローバル経済への気軽な参加やグローバルなベーシックインカムの実現に力を入れています。

ベーシックインカムとは?

年齢・職業などに関係なく、すべての人に一定の金額を定期的に付与する仕組みのこと。

ビジョンとなるベーシックインカムを実現するためにワールドコイン財団が着目したのが、「仮想通貨の無料配布」です。

トークンの発行自体は元々計画されていましたが、2023年7月24日に急遽ワールドコイン(WLD)のローンチを発表。

BinanceやBybitなどの海外大手取引所に次々と上場したことで、ローンチ初日で5.29ドルもの高値をつけ、一気に仮想通貨ランキングTOP100位以内に躍り出ました。

「World ID」発行の対価として受け取り可能

ワールドコイン(WLD)は「World ID」を発行によって、誰でも無料で受け取れるのが特徴です。

World IDとは?

虹彩(目)の特徴をデジタルデータに変換することで得られる、一人ひとり固有のデジタルIDのこと。

AI時代に突入するこれからに備えたものであり、自身が唯一の人間であることをデジタル上で証明できる。

虹彩データの取得は、「Orb(オーブ)」と呼ばれる球体状のデバイスを用いて行われます。

眼球をスキャンして読み取った情報をWorld IDと紐づけることで、誰もが自身の身元を証明できるようになるのが特徴です。

Orbはすでに稼働をスタートさせており、現在20の国や地域でのWorld ID発行に対応しています。

https://twitter.com/worldcoin/status/1682768136007827456

World IDを発行するためには、Orbの設置場所に足を運び、自身の眼球をスキャンする必要があります。

また、World IDの付与やOrbでのスキャンには、ワールドコイン財団が提供する専用ウォレットアプリも必要です。

国内では東京にもOrbが設置されているため、条件が揃えば誰でもワールドコイン(WLD)を受け取れます。

独自の仮想通貨ウォレットアプリを展開

ワールドコイン(WLD)の獲得や管理に必要になるのが、独自のウォレットアプリである「World App」です。

ワールドコイン
引用:World Coin

World Appはシンプルな設計で、仮想通貨初心者の方でも親しみやすいデザインが特徴。

そのシンプルさもあって、搭載機能はウォレットとして主要なものに限定されています。

World Appの各種機能
  • 仮想通貨の管理
    5種類の仮想通貨(USDCETHWBTC、WLD)の管理に対応

  • 仮想通貨の取引
    アプリ内に大手DEX(分散型取引所)UniSwapを統合

  • さまざまなサービスへの接続
    各種DeFiサービスやブロックチェーンゲームへの接続に対応

  • スムーズな入出金
    ウォレットアドレス・電話番号を用いた送金が可能

またWorld Appの最大の強みが、「World ID」の取得によって機能性が高まる点です。

仮想通貨送金時のガス代(手数料)が無料になるほか、対象国にて毎月ワールドコイン(WLD)助成金の申請が可能。

さらには仮想通貨を学んで稼げる、「Learn to Earn」の機能も利用できるようになるとのことです。

World Appはすでに配信中

World Appは現在、iPhoneやAndroidの各アプリストアからダウンロードできます。

Orbでの虹彩データ認証にも必須になるため、ぜひアプリのダウンロード・アカウント作成を進めておきましょう。

仮想通貨ワールドコイン(WLD)の価格動向

これからワールドコイン(WLD)へ投資を検討している方は、その価格動向も気になるのではないでしょうか。

ここでは以下の2つの期間に分けて、ワールドコイン(WLD)の価格動向を解説します。

仮想通貨ワールドコイン(WLD)の価格動向
  • ワールドコイン(WLD)の直近の価格動向
  • ワールドコイン(WLD)のローンチ時の価格動向

ワールドコイン(WLD)の直近の価格動向

直近のワールドコイン(WLD)の価格動向・チャートは、以下のとおりです。

WLD長期価格動向
引用:TradingView

ワールドコイン(WLD)は2024年6月12日時点で、3.8ドル(約864円)の価格で推移しています。

2023年8月~2024年6月の価格動向を示したチャートですが、直近では大きく上昇しており、ものの数日で大きく価格が上昇しています。

この要因としては、OpenAIが手掛ける高精度動画生成AI「Sora」の発表によるものとされています。

「Sora」が生成する動画は、多くの人の期待を超えるクオリティであり、その驚きや期待が価格上昇に反映されたと言えるでしょう。

また、現在はビットコイン含む仮想通貨市場が上昇しているため、WLDの価格にも追い風となりました。

ワールドコイン(WLD)のローンチ時の価格動向

ワールドコイン(WLD)のローンチ時の価格動向・チャートは、以下のとおりです。

引用:TradingView

OpenAIのCEOが関わっていることもあり、ワールドコイン(WLD)は初日で急騰を見せています。

0.15ドルで始まった価格は一気に5.29ドルに到達し、なんと35倍以上の値上がりを記録しました。

Binanceをはじめとした大手取引所の度重なる上場により、投資家の期待感や注目が現れた結果といえるでしょう。

しかしその後、投資家の利確の動きによって売り圧が強まり、価格は2ドル台にまで押し戻されています。

以降は大きく価格変動させることなく、2〜3ドルを行き来するレンジ相場を形成していました。

現在は3.7ドルほどで推移していますが、まだ上昇の余地はあると言えるでしょう。

これからワールドコイン(WLD)に投資するなら、国内取引所BITPointの利用を検討してみましょう。

BITPointでは各種手数料が無料なため、低コストで複数の仮想通貨に投資できる点が魅力です。

興味のある方は、以下からBITPointの公式サイトで詳細情報をチェックしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

仮想通貨ワールドコイン(WLD)を受け取る流れ

ワールドコイン(WLD)を無料で受け取るためには、下記の準備が必要です。

ワールドコイン(WLD)を受け取る前の準備
  • ウォレットアプリ「World App」のアカウント作成
  • 生体認証デバイス「Orb」で虹彩情報を読み取る

すでに国内でもOrbが設置されているので、条件さえ揃えば誰でもワールドコイン(WLD)を入手できます。

時間や場所に余裕のある方は、ぜひ以下の手順で獲得を進めてみてください。

仮想通貨ワールドコイン(WLD)を受け取る流れ
  1. World Appのアカウント作成
  2. Orbで虹彩情報を読み取る

STEP1:World Appのアカウント作成

まずは以下のリンクから、World Appのダウンロードを進めてください。

World App - Worldcoin Wallet

World App – Worldcoin Wallet

Tools for Humanity Corp.無料posted withアプリーチ

アプリダウンロード後、「New Account」をタップして電話番号の入力を進めます。

ワールドコイン「アカウント作成1」

その後、SNS認証を済ませ、アプリのパスワード設定を行ってください。

パスワード設定が終了したら、World Appのアカウント作成完了です。

ワールドコイン「アカウント作成2」

STEP2:Orbで虹彩情報を読み取る

続いて、Orbを利用して虹彩情報の読み取りを進めます。

Orbで読み取りを進めるためには、Orbが設置されている場所に向かわなければなりません。

現在は東京にもOrbが設置されていますが、設置場所によっては読み取りに予約が必要なケースもある点に注意してください。

Orbの設置場所は公式サイトにアクセス後、国名から「Japan」を選択すれば確認可能です。

STEP2:Orbで虹彩情報を読み取る
読み取りの予約について

Orbの設置場所の確認や予約については、すべてWorld Appから進められます。

設置場所の詳細ページから「Schedule appointment」をタップして、訪問日の調整を行ってください。

2024年6月現在は、以下の場所でOrbが設置されています。

・RELiC – デジタルアートギャラリーバー
〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内二丁目18-20 B1F , B1F DK丸の内ビル 2-18-20
・福岡パルコ社 | 福岡パルコ
福岡県福岡市中央区天神2丁目
・キャナルシティ博多前店
〒812-0038 福岡県福岡市博多区祇園町8−13 第一プリンスビル
・シンギュラリティ東京
〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目20
・マグネット BY SHIBUYA109
〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目23−10

Orbで認証を進めるには、ホーム画面から「Verify with an Orb」「Verify now」の順にタップします。

ワールドコイン「虹彩情報の読み取り1」

その後、「Get a new World ID」をタップし、2つのチェックボックスをタップしてチェックを入れます。

「Begin Orb verification」をタップすれば、Orbでの虹彩情報読み取りに進みます。

ワールドコイン「虹彩情報の読み取り2」

あとはアプリのガイダンスどおり、QRコードをOrbに提示した後、虹彩情報の読み取りを進めてください。

読み取りが完了したらWorld IDが付与され、ワールドコイン(WLD)を獲得できます。

ワールドコイン「虹彩情報の読み取り3」

仮想通貨ワールドコイン(WLD)の将来性

ワールドコイン(WLD)の将来性を見極めるには、以下のポイントに注目です。

ワールドコイン(WLD)の将来性を判断する際のポイント
  • OpenAIのプロジェクトの動向
  • プロジェクトの課題点の解消
  • 通貨価格の維持
  • ユーティリティ機能の追加

OpenAIのプロジェクトの動向

ワールドコインの価格動向は、発行元であるOpenAI社の動向が大きく影響しています。

OpenAIのプロジェクトの動向

2023年11月には、OPenAI社のサム・アルトマン氏の解任騒動で一時的な下落を経験をしました。(2週間程度で再就任)

その後、12月に入るとWLDの決済サービス拡大などが影響し、価格を大きく上昇させています。

特に上昇幅が大きいのが、2024年2月にOpenAI社が発表した動画生成AI「Sora」の発表です。

Soraとは
テキストから最長1分の動画生成するAIモデル

現在は、Soraの生成したサンプル動画が複数公開されているだけで、具体的なリリース日などは公開されていません。

不確定要素が多い中で市場が大きく反応している状況です。

2023年から世界で生成AIブームが加速していますが、牽引するOpenAI社の動向はWLDの価格変動に大きな影響を与える可能性があるでしょう。

プロジェクトの課題点の解消

ワールドコインは画期的なプロジェクトながらも、その課題点を指摘する声が少なくありません。

たとえばイーサリアムの共同創業者ヴィタリック・ブテリン氏は、以下の懸念点を発表しています。

ヴィタリック・ブテリン氏が考える懸念
  • 虹彩情報を取得に関する個人のプライバシー
  • Orbの配置数といったユーザーのアクセシビリティ
  • ワールドコイン財団による中央集権化
  • スマホのハッキングやデータ盗難などのセキュリティ

虹彩という個人を特定できる情報を扱うため、特にプライバシーやセキュリティはシビアな問題です。

世界ではすでに虹彩情報のブラックマーケットが登場しており、発展途上国のユーザーの多くがデータを提供しています。

個人のプライバシーが投げ売りされている現状から、個人データが悪用されるリスクが高まっている状況です。

「自身の虹彩情報が悪用されるかも…」という懸念が強まれば、ワールドコインのエコシステムの拡大は遠のくでしょう。

プライバシーをはじめとした各課題を解消できるかは、ワールドコイン(WLD)の今後価格にも繋がりそうです。

通貨価格の維持

ワールドコイン(WLD)が通貨価格を維持できるかも、将来性に大きく影響してきます。

ベーシックインカムによる経済格差の是正を実現するためにも、世界中の人々にとって「ワールドコイン(WLD)が資産的価値のある仮想通貨」でなければなりません。

仮に通貨価格を維持できなくなると、ユーザーが受け取れる報酬量は大きく減少してしまうでしょう。

ワールドコイン(WLD)のホワイトペーパーでは、通貨の供給とインフレについて以下のように説明されています。

ローンチ後15年間、供給上限は10B WLDに固定される(WLDスマートコントラクトによって強制される)。15年後、ガバナンスはプロトコルの長期的な持続可能性のために必要であると判断した場合、年間1.5%までのインフレ率を実施することを決定することができます。

引用:ワールドコイン(WLD)ホワイトペーパー

15年間は固定供給となるため、通貨配布量の増加でユーザーの報酬量を増やすことはできません。

需要と供給によって価格が決まるため、場合によってはワールドコイン(WLD)が急落するリスクも考慮しておくべきです。

「今後どう価格を維持していくか」という点は、投資家やプロジェクトにとっても重要なポイントになるでしょう。

ユーティリティ機能の追加

今後ワールドコイン(WLD)に、仮想通貨としてのユーティリティが追加されるかにも注目です。

仮想通貨の需要が増える理由はプロジェクト自体の成長のほか、通貨自体の利便性・活用の幅広さも影響します。

単にお金配りのユーティリティしかないのであれば、投資家からの需要が低下する可能性が高いでしょう。

しかし、ワールドコイン財団は今後、トークンにガバナンス以外のユーティリティが追加される可能性を示唆しています。

追加の可能性があるユーティリティ例
  • 商品やサービスなどの決済
  • ガス代(手数料)などの支払い
  • ユーザー間での送金

ワールドコイン(WLD)が持つ有用性は、コミュニティのガバナンスによって決まる仕組みです。

コミュニティ内で通貨の利便性を求める声が多くなれば、今後の機能性拡張や通貨価格の高騰にも期待できるでしょう。

仮想通貨を購入するならBITPoint

BITPOINT公式サイト
取引所名称BITPoint(ビットポイント)
取り扱い通貨数22種類
取引手数料取引所の手数料:無料
※販売所で売買するとスプレッドの負担
入金手数料即時入金:無料
銀行振込:無料
※振込手数料は顧客負担
出金手数料振込手数料を顧客が負担
提供サービス現物取引
つみたて
レンディング
ステーキング
公式サイトBITPointの公式サイト
関連記事BItPointの評判

BITPointはBITPointジャパンが運営する仮想通貨(暗号資産)取引所で、SBIホールディングスの子会社です。

取引手数料や入金手数料が無料であるため、低コストで取引できます。

マイナー通貨の取り扱いが多いこともBITPointの特色の一つで、豊富なNFT関連の通貨も取り扱っています。

現物取引以外にもつみたてや仮想通貨の貸し付けサービスであるレンディング仮想通貨ADAステーキングなど幅広いサービスを提供しています。

BITpointキャンペーン

現在は新規口座開設で1,500円相当のBTCが貰えるキャンペーンを実施中です。

興味がある人はBITPointの公式サイトにてご確認ください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

仮想通貨ワールドコイン(WLD)に関するQ&A

最後に、ワールドコイン(WLD)でよくある質問について回答します。

仮想通貨ワールドコイン(WLD)に関するQ&A
  • ワールドコイン(WLD)を取引所で買う方法は?
  • ワールドコイン(WLD)はOrb以外から無料獲得できますか?
  • ワールドコイン(WLD)は今後も大手取引所に上場しますか?
  • ワールドコイン(WLD)の価格・チャートを確認する方法は?
  • ワールドコイン(WLD)の最新情報の入手先は?

ワールドコイン(WLD)を取引所で買う方法は?

ワールドコイン(WLD)は、以下の手順で購入を進められます。

ワールドコイン(WLD)の購入手順
  1. 国内取引所でアカウント作成
  2. WLDを扱う海外取引所でアカウント作成
  3. 国内取引所で仮想通貨を購入
  4. 仮想通貨を海外取引所へ送金
  5. 送金した仮想通貨でWLDを購入

ワールドコイン(WLD)は現在、Binance・Bybit・OKXといった大手海外取引所で取り扱われています。

ワールドコイン(WLD)はOrb以外から無料獲得できますか?

ワールドコイン(WLD)の無料獲得は、Orbで虹彩情報を提供したユーザー限定となります。

SNSや取引所を利用したエアドロップ(通貨の無料配布)は行われない予定です。

ワールドコイン(WLD)は今後も大手取引所に上場しますか?

現在のところ、ワールドコイン(WLD)の上場に関する情報は出ていません。

大手でもまだ取り扱っていないところも多いため、大手取引所上場の可能性はまだ残っています。

ワールドコイン(WLD)の価格・チャートを確認する方法は?

仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」の利用がおすすめです。

アカウント作成不要で利用でき、無料で取引ボリュームや通貨のランキングといった仮想通貨情報を取得できます。

チャート分析で今後の価格予想をしたい方も、TradingViewを使った高度なチャート分析が可能です。

ワールドコイン(WLD)の最新情報の入手先は?

ワールドコイン(WLD)の最新情報を入手するなら、以下のサイトをチェックしておきましょう。

同じワールドコインでも、発行元や機能性の異なるワールドコイン(WDC)という通貨が存在します。

情報を入手する際はシンボル名「WLD」もつけたうえで、検索等を進めてみてください。

仮想通貨ワールドコイン(WLD)まとめ

ワールドコイン(WLD)の特徴や将来性などについて解説しました。

今回の内容をまとめると、以下のとおりです。

この記事のまとめ
  • ワールドコイン(WLD)はOpenAIのCEO主導プロジェクトの独自トークン
  • ワールドコイン財団は虹彩認証による「World ID」の発行を進めている
  • 現在は約800円台で推移しており、2024年2月のOpenAI社の生成AI「Sora」の発表が影響している
  • 「Orb」というデバイスで虹彩認証を進めることで、ワールドコイン(WLD)を獲得できる
  • プロジェクトの課題点や通貨としてのユーティリティが将来性に大きく影響する
  • ビットポイントならワールドコイン(WLD)投資に必要な仮想通貨を購入できる

ワールドコインは世界の経済格差是正をビジョンとした壮大なプロジェクト内容となっており、イーサリアムのヴィタリック・ブテリン氏や元TwitterCEOジャック・ドーシー氏などの大物からも注目を集めています。

生体認証デバイスのOrbはすでに国内にも設置されているため、World Appさえあれば誰でもワールドコイン(WLD)を受け取ることが可能です。

ワールドコイン(WLD)を売却して日本円に換金するためにも、国内取引所のアカウント作成を進めましょう。

国内大手のBITPointであれば、「各種手数料無料&シンプルな取引」から仮想通貨をスタートできます。

興味を持った方はぜひ、BITPointの公式サイトから詳細情報をチェックしてみてください。

\1,500円分のBTCがもらえる!/

監修者

Market α 編集部です。仮想通貨・為替・株式投資などの多岐に渡る金融情報を、初心者の方々から上級者の方々まで参考にすることができるように配信しています。

目次