PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や使い方・利用方法までを詳しく解説!

PancakeSwap

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは、BINANCEのブロックチェーン上で運営されるDEX(分散型取引所)の一つ。

現在メインで利用される中央集権型サーバーの取引所とは異なり、分散管理されているDEXでは、金融庁などに認可されていないませんが、その代わりに安い手数料で取引が可能です。

この記事からわかること
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)はAMM型の分散型取引所(DEX)の一つ
  • ガバナンストークンであるCAKEをステーキングで得られる
  • 他のDEXと比べて手数料が安い
  • 運用利回りが他DEXより高い
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)は金融庁の認可を得ていない

個人投資家がPancakeSwap(パンケーキスワップ)で通貨運用を始めるにはまず元手が必要です。

そのために入手した通貨を海外取引所に送金しますが、仮想通貨送金に利用する国内取引所は、LINEアプリから手軽に取引ができるLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

公式LINE

Marketαでは公式LINEで仮想通貨(暗号資産)に関する情報を随時配信しています。

最新情報やキャンペーンを発信していますので、ぜひ登録しておいて見て下さい。

目次

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは

まずは、PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは何かについて解説していきます。

冒頭でもお伝えした通り、PancakeSwap(パンケーキスワップ)はDEXと呼ばれる仮想通貨の分散型取引所の一つ。

既存のCEXと呼ばれる中央集権型の取引所とは異なり、全世界のサーバーで分散管理されているのが大きな特徴です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)はそのDEX内においても、手数料が低く設定されているのが特徴です。

さらに流動性プール内に預けておくことで、利息としてCAKEトークンをもらえるなど、他にもメリットがあります。

この記事では、PancakeSwap(パンケーキスワップ)がDEX内で人気が高い理由や、取引に利用するリスクについても解説します。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の仕組み・特徴

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で収益を得るためにも、まずはPancakeSwap(パンケーキスワップ)の仕組みと特徴を理解するところからはじめましょう。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の仕組み・特徴
  • AMM型の分散型取引所(DEX)の一つ
  • ハッキングに強い
  • ガバナンストークンであるCAKEをステーキングで得られる

AMM型の分散型取引所(DEX)の一つ

PancakeSwap(パンケーキスワップ)では、流動性を確保するために独自のプールを開発してこの中に資金を集めます。

そしてプール内に資金を提供してくれた人に対してトークンを配布するシステムを採用しています。

このトークンを配布する仕組みをAMMといい、これによりDEXにおける問題として挙げられることも多かった流動性の低さを解決しています。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)が他のDEXより人気が高いことの理由の一つが、この「AMMを採用している」ことに他ならないでしょう。

ハッキングに強い

ハッキングへの強さも、DEXにおける代表的なメリットです。

特定の中央集権的なサーバーで管理されているわけではなく、取引に参加している投資家たちのもとで分散して存在することで、「サーバーをハッキング」されるリスクを極めて低くしています。

まさにブロックチェーン技術を活用した取引所といえます。

ガバナンストークンであるCAKEをステーキングで得られる

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、先ほどもお伝えした通りプールに資金を預けて流動性を確保することで、利息を得られます。

また仮想通貨を交換(スワップ)することでも利息を得られる仕組みです。

ここで得られるトークンは「CAKE」トークンです。

得られたCAKEトークンを預ける、またはプールに預けることで、また利息を貰うことができます。

このようなことが気になる方は、まずLINEアプリから手軽に取引できるLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

トークンCAKEの価格動向

トークンCAKEの価格動向
引用:TradingView

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の価格は2022年8月現在、下落基調のあと横ばい圏に入っています。

2021年5月に最高値65ドル近辺につけたものの、その後は頭をおさえられている状態です。

2021年はバイナンスでCAKEが上場したなどのイベントもあり、一時バブル的な値上がりを見せました。

その後現在は落ち着いた価格推移となっていますが、いまだにDeFi関連銘柄として高い注目度を誇っています。

現在の下落は、仮想通貨市場全体での下落に連動したものであり、CAKE単体がネガティブに捉えられているわけではないと言えるでしょう。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の機能・サービス

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は取引所としてどんなサービス、機能を提供しているか?

具体的なサービスについて少し調べてみましょう。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の機能・サービス
  • 仮想通貨を自分のタイミングで運用できる
  • 日本未上場の草コインが取引可能
  • 利回りの高いイールドファーミングで金利が受け取れる

仮想通貨を自分のタイミングで運用できる

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で得られたCAKEをはじめ様々な通貨は、他の通貨へと交換できます。

それだけでなくPancakeSwap(パンケーキスワップ)では、交換(スワップ)、プールなど、様々な方針で運用できます

そうした普通の取引所機能はもちろん、CAKEを消費することで「Lottery」という宝くじに参加できます。

参加費は1CAKEで、当選することで「Lotteryプール」の一部をもらえます。

Lotteryは、CAKEの流動性を上げるためにPancakeSwap(パンケーキスワップ)が用意した機能です。

日本未上場の草コインが取引可能

通常の通貨だけでなく、PancakeSwap(パンケーキスワップ)では日本未上場の通貨を取引可能です。

もちろん草コインは玉石混交で、価値の乏しい通貨もありますが、何かのニュースやイベント一つで人気が暴騰する可能性も。

草コイン取引を考えている方は、PancakeSwap(パンケーキスワップ)からの取引を検討してください。

利回りの高いイールドファーミングで金利が受け取れる

ステーキングでCAKEトークンを得られるのはお伝えした通りです。

しかしPancakeSwap(パンケーキスワップ)はステーキング以上の利回りを誇るイールドファーミングも可能です。

また、PancakeSwap(パンケーキスワップ)はイーサリアム系のネットワークを使わず、BSCを採用した取引所なこともあり手数料がほとんどかかりません。

そのため少額からでも高金利の運用を行えます。

パンケーキスワップが気になる方は、まずは初心者の方でも手軽に取引できるLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の将来性・見通し

PancakeSwap(パンケーキスワップ)を利用してステーキング・ファーミングを考えている方なら特に、将来の見通しが気になるのではないでしょうか。

このセクションでは、すでに出回っている情報をもとに、PancakeSwap(パンケーキスワップ)の将来性、先の見通しについて調べていきたいと思います。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の将来性・見通し
  • 他のDEXからの乗り換え需要はまだまだ大きい
  • 運用利回りが他DEXより高い
  • 新機能が追加される可能性

他のDEXからの乗り換え需要はまだまだ大きい

DEXはPancakeSwap(パンケーキスワップ)の他にもUniswapやSushiswapがあります。

しかしPancakeSwap(パンケーキスワップ)は、他のDEXより取引手数料が安いというメリットがあります。

他のイーサリアムネットワーク上で利用されるDEXからの乗り換えにより、PancakeSwap(パンケーキスワップ)の需要が高まる可能性があると言われています。

運用利回りが他DEXより高い

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は、Binance Smart Chainのネットワークを採用していることもあり、高利回りの運用が可能です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)でファーミングを行うことで、最大300%の利回りが見込めます。

この高利回り運用が、PancakeSwap(パンケーキスワップ)の人気を裏付ける一つの要因となっています。

新機能が追加される可能性

PancakeSwap(パンケーキスワップ)には新機能としてAuto CAKEが追加されました。

Auto CAKEは、ステーキングで報酬として得られたトークンを、さらにステーキングすることで複利効果を得られるというもの。

これにより、PancakeSwap(パンケーキスワップ)での運用利回りがさらに高くなります。(参考:Auto CAKE Syrup Pool

PancakeSwap(パンケーキスワップ)を利用する方法

ここからは、通常の取引所とは少し異なるPancakeSwap(パンケーキスワップ)を使った通貨運用の方法を、LINE BITMAXを利用したビットコイン取引から説明します。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)を利用する方法
  • 国内取引所LINE BITMAXでアカウント作成後BTCを入手
  • ウォレット(MetaMask)の作成
  • 国内取引所(LINE BITMAX)から海外取引所への送金
  • パンケーキスワップと MetaMaskを接続
  • BNBとCAKEで流動性供給

国内取引所(LINE BITMAX)でアカウント作成後BTCを入手

まずは、国内取引所でアカウントを作成し、送金するための通貨を入手する必要があります。

国内取引所に制限はありませんが、取引しやすいLINE BITMAXをここでは例に挙げます。

LINE BITMAXでアカウントを作成したら、口座に入金後送金分のビットコインを入手してください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

ウォレット(MetaMask)の作成

次は通貨を入れるためのウォレットを作成します。

MetaMaskの公式サイトにアクセスしてMetaMaskをダウンロードすると便利です。

インストールしたら、パスワードを設定するなど設定を一通り済ませておきましょう。

国内取引所から海外取引所への送金

準備が整ったら、LINE BITMAXで入手したビットコインを海外取引所へ送金してください。

「入出金」のメニュー内から送付したい通貨を選択して、送付先のアドレスを設定することで、送金が可能です。

パンケーキスワップと MetaMaskを接続

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の公式サイトへアクセス後、ウォレット選択画面が出てくるので、ここでMetaMaskを選択します。

その後Connectまで行うと、PancakeSwap(パンケーキスワップ)とMetaMaskの接続は完了です。

CAKEで流動性供給

送金、MetaMaskの接続が完了したら、あとはCAKEの流動性供給です。

2種類のトークンをペアにして預けることで、もらえる報酬やリスクが変わってきますが、好みのペアを選択することができます。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の公式サイトから、「Trade→Liquidity」を選択して供給量を入力、入力が完了したら「Supply」をクリックしてください。

流動性の供給が完了すれば、証拠としてLPトークンがもらえます。

これにて、PancakeSwap(パンケーキスワップ)でのステーキングは完了となります。

まずは、スマホアプリで手軽に取引ができるLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

PancakeSwap(パンケーキスワップ)に関するQ&A

PancakeSwap(パンケーキスワップ)の利用を検討する方には、いくつか疑問が頭に浮かぶ方もいるのではないでしょうか。

ここではよくある疑問に対してQ&Aの形でお答えしていこうと思います。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)に関するQ&A
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)が金融庁の認可を受けてないのはなぜ?
  • CAKEの「バーン」とは?
  • MetaMask以外で使用できるウォレットの種類は?

PancakeSwap(パンケーキスワップ)が金融庁の認可を受けてないのはなぜ?

PancakeSwap(パンケーキスワップ)は非中央集権的な取引所であることもあり、金融庁の認可が降りていません。

法律が未整備で安全性が担保されていない場合もあるので取引は自己責任で行なって下さい。

CAKEの「バーン」とは?

バーンとは

ユーザーが容易にステーキングで報酬を得られるCAKEは、発行されすぎることで価値が下がってしまうことを避けるために、「バーン」という通貨の焼却化が行われます。

CAKEはバーンによる流通量の調整によって、価値の保存に務めているのです。

そしてバーンへの安心感もあり、CAKEの価値は一定に保たれています。

MetaMask以外で使用できるウォレットの種類は?

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で利用できるウォレットはMetaMaskだけではありません。

TrueWalletやMathWallet、TokenPocketなど、他のウォレットも利用可能です。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)のまとめ

今回はBINANCEが開発した独自のブロックチェーンBSC上に存在する、分散型仮想通貨取引所PancakeSwap(パンケーキスワップ)について解説しました。

DEX(分散型取引所)の中においても取引手数料が安いこと、ステーキング、ファーミングの利回りが高いなどの理由で人気があるPancakeSwap(パンケーキスワップ)。

今後もDEX人気が高まっていくと、利用者数も増えるのではないでしょうか。

この記事のまとめ
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)はAMM型の分散型取引所(DEX)の一つ
  • ガバナンストークンであるCAKEをステーキングで得られる
  • 他のDEXと比べて手数料が安い
  • 運用利回りが他DEXより高い
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)は金融庁の認可を得ていない

PancakeSwap(パンケーキスワップ)を利用してトークンを得るには、まず国内で入手した通貨を海外取引所に送る必要があります。

国内取引所は数多いですが、大手取引所の安心感、取引しやすさでLINE BITMAXが最適な取引所と言えるでしょう。

興味がある方は、まずLINE BITMAX公式サイトをチェックしてみてください。

\仮想通貨「LINK」が無料でもらえる!/

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産(仮想通貨)取引の推奨やアドバイス、勧誘を目的としたものではありません。 暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
目次
閉じる